セフレが欲しいと思っている女性にも人気の掲示板ランキング

エッチだけじゃダメ!?長続きするセフレとの上手な付き合い方

sefure-3

セフレが欲しいと考えている男性は多いでしょうが、大半の方が少し勘違いをしてしまっています。

1度セフレを作ってしまえばあとは半永久的に関係が続いていく

残念ながらこれはあり得ません。もし関係を続けていきたいのであれば、セフレとの付き合い方をきちんと考える必要があります。セフレが既にいる方も、これから作ろうとしている方も、今一度セフレというものに関して考えてみましょう。

セフレとの付き合い方①:単純にセックスだけの関係

ホテルに直行して、セックスし終えたらすぐに解散。一般的な男性が思い描くセフレとの関係性はこんな感じでしょう。確かにセフレを抱えている男性から話を聞くと、このパターンが最も多い。

ではここで「単純にセックスだけする関係」としてセフレと付き合っていく上でのメリット・デメリットをご紹介していきましょう。まずはメリットから。

・経済的に楽(ホテル代のみ)
・変に情が移らない

ある意味シンプルな関係ですので、お互い割り切ったセックスを楽しむことができます。好きになってしまった・なられてしまったなどの心配もほとんどなく、またかかる費用もホテル代のみで実に財布に優しい関係です。

それでは翻ってデメリットの方です。これは正直なところ1つしかありません。しかし、そのたった1つのデメリットがかなり大きい。

セフレ関係が非常に切れやすい

セックスしかしない関係ではどうしても精神的な繋がりを結びにくく、それにふと虚しさを感じてしまった女性が不意に立ち去ってしまうというケースが実に多く見られます。前日には楽しくセックスしていたのに、翌日になって急に別れを告げられるというパターンがほとんどです。

もちろんセックスだけで十分という女性もいるのですが、そういった女性は大抵の場合、彼氏や旦那といった特定の相手が既に存在しており、そこでバランスを取っていたりします。

セックスしかしたくないけど関係も長続きさせたいという場合は、彼氏持ちか人妻を狙ってみると良いかもしれませんね。

セフレとの付き合い方②:お茶やご飯くらいはする関係

カフェでお茶したり、ご飯をいっしょしたり、ホテルに行く前後にクッションを置くパターン。どちらかというと普通の友達のような関係に近く、女友達とセフレになってしまったような関係性を想像してもらうと良いかと思います。

この関係にもきちんとメリット・デメリットが存在しますので、まずはメリットからご覧頂きましょう。

・関係が長続きしやすい
・別れても復縁のチャンスあり

お茶やご飯をするくらいの関係ですと、精神的な繋がりもそれなりにできてきます。上のようにあっさりと別れを告げられることはほとんどなく、お互い友達と遊んでいるような感覚でセックスする為、自然とセフレ関係は長続きします。

また、万が一別れてしまったとしても、「今度ご飯でも食べに行かない?」の一言で復縁できたりもします。セフレとしては切れても友達としては繋がっている場合が多いので、容易な連絡ができるのもメリットの1つと言えるでしょう。

続いてはデメリットです。やはり関係性が深まる分、色々な面で悩んでしまう点が出てきてしまいます。

・ホテル代以外の出費
・恋愛感情が芽生えやすい(人によっては)

ホテル代は言わずもがなですが、お茶や食事の代金ももちろん男性持ちです。ゆえに、出費がかなりかさむことになります。特に夕飯なんかをいっしょしたりすると、一晩でお金が一気に飛んでいくので注意が必要です。

ホテル以外での時間も共に過ごす分、どうしても感情が揺れ動いてしまう場合があります。相手は単なるセフレだと割り切れれば良いのですが、それができずに本気で相手のことを好きになってしまう男性も中には存在します。自分が惚れっぽいなあと思う方はホテルだけの関係性を保っておいた方が、もしかしたら良いかもしれません。

セフレとの付き合い方③:普通にデートしたりもする関係

「もはや恋人同士なのでは?」と周囲に勘違いされてしまうような関係性を結ぶ人も中にはいます。セフレ以上恋人未満、というやつですね。信じられないかもしれないでしょうが、本当に存在するのです。

しかし、こういった深い関係性であるが故のメリット・デメリットがあります。それではメリットからご覧ください。

・セフレ関係が非常に長続きする
・純粋なデートも楽しめる
・割り勘もできたりする

恋人同士のような関係ですので付き合いは非情に長くなります。お互い気に入っていないとそこまでの関係にはなれませんしね。このパターンの関係を築ける男女はおそらくセックスというよりも人間的な相性が良いのだと思います。

気分転換にセックスなしの純粋なデートも楽しめますし、ここまでの仲になると費用を分担してくれる女性も出てきます。良くも悪くも、お互いを特別な存在だと認識している証拠でしょう。

次にデメリットを紹介するわけですが、はっきり言ってこの関係性が最も厄介です。セフレとして長続きする分、期間に応じた面倒毎もやはり出てくるんですね。まずはご覧ください。

・別れるに別れられない
・恋愛沙汰でこじれる可能性あり
・出費がとんでもないことになる(割り勘したとしても)

これくらいの仲になりますと、別れる時もかなりグダグダしてしまいます。何年も付き合ってるけど今は情だけでいっしょにいるようなカップルのように、煮え切らないような関係が延々と続いてしまう恐れがあります。

また、それにも関連することなのですが、長い付き合いになってくるとほぼ必ずどちらかに恋人ができてしまい、そうなった場合、下手すると非常に面倒なことになります。

結局、恋人のようでいて恋人ではない、でも恋人のような行いをしているわけで、それはどちらかにできた本命からすれば「浮気」以外の何物でもないわけです。まさか「セフレです」なんて言うわけにもいきませんしね。恋人ができてもセフレ関係が解消できない為に起こってしまう悲劇です。

出費に関しては上で「割り勘できるかも」と言いましたが、それを差し引いても出費はなかなかのものになります。全てを割り勘してくる女性なんていませんし、ホテル代や夕食代などは全額が男性持ちであることがほとんです。月数万単位の出費は覚悟した方が良いかもしれませんね。

セフレとの上手な付き合い方まとめ

3つの主なパターンを紹介しましたが、どれを選ぶかはあなた次第です。自分の性格やお財布事情などから判断していきましょう。

しかし、そうは言ってもセフレを作らなければ何も始まりません。まずはどうやってセフレを作るかに専念し、ある程度の目処が立ったら、セフレの関係性というものを改めて考えてみましょう。

関連記事