セフレが欲しいと思っている女性にも人気の掲示板ランキング

出会い系サイトでキャバ嬢と知り合ってセフレにしたったww

sefure-4

たまたま予定の空いた平日の仕事休み、俺は昼間から出会い系サイトを徘徊していました。我ながら寂しい休日の過ごし方だなあとは思ってたんですけどね、いやはやこういった時に限って思いもしないことが起こるものなんですね。

出会い系でキャバクラ勤めの20歳ギャルゲットしたわww

20代前半の女性というと出会い系には溢れかえっているわけですが、その中で俺はかえでちゃんに目を付けました。プロフの項目はほとんど記入されておらず、自己紹介文にも「20歳。暇つぶしです」としか書かれていませんでした。

なぜ俺がこんな誰も見向きしないような女の子にを付けたのかというと、以前どこかでこんなことを聞いたことがあるからです。

興味の沸かない子の方が競争率が低くて会いやすい

確かにそうだなあと思いましたよ。目立つ子の方がメールしたいと思いますし、そうなると自然に競争率は高くなりますから。

「初めまして!良かったら暇つぶし相手に立候補させてください!笑」

特に期待しないでメールを送ったのですが、数分後、かえでちゃんから「いいよー」と簡素な返信が届きました。「話とか続ける気なさそう…」と思わず萎えてしまいましたが、せっかく繋がれたので、暇つぶし程度にやり取りをすることにしました。

「今日休みなの?学校は?」
「めんどいから休みー」
「じゃあ今日は予定とかないの?」
「夜までなら」
「夜に何かあるの?」
「お仕事」

楽しいやり取りではないなあと思っていた俺は、夜とお仕事という2つの単語に反応しました。夜にお仕事といえばキャバクラとか風俗とか、やっぱりそっち系になるはず。男ならば希望を抱かずにはいられない職業の宝庫ですよ、夜のお仕事というものは。

話を進めると、かえでちゃんはキャバクラで働いているということが分かりました。いいですね、夜の蝶。これは逃がしてはならない獲物です。正直に言って今すぐにでも会いたい、ヤリたい。お互い暇であることは自明のことですので、意を決して俺は攻勢に出ました。

「仕事行くまで良かったら遊ばない?笑」
「今から?」
「今から!」
「こっちに来てくれるならいいよー」

今時の女の子って軽いですね。でもその軽さが今は嬉しい。近くまで行ったら連絡するという名目でラインを交換し、その10分後には俺は家を出ました。

出勤前のキャバ嬢と会ったらむっちゃダサい格好で来たわ…

キャバ嬢といえば巻き巻きの髪で化粧バッチリ、むっちゃセクシーな格好でいる姿を想像していたのですが、ドキドキしながら待っていた俺の前に現れたのは、

上下灰色スウェットの眉なし髪ボサ女でした

え、キャバ嬢って普段こんな感じなん…?もはや絶望しかない。幸い顔はそれなりに見れたものですし、髪はキレイに茶色に染まってますけど、男から見てもほぼスッピンって、結構きつい。田舎のヤンキー女連れてるみたい。

「どこか行きたいところある?」
「疲れないところがいいかなー」
「疲れないところかー、映画とか?」
「いいよー」

かえでちゃんがキャバ嬢になるまで残り3時間弱。正直、時間がありません。駆け引きとかはあまり得意じゃないですし、はっきり言えばセックスさえできれば後はどうでもいいです。

今やラブホテルでもオンデマンドで映画が見れる時代ということで、俺はスマホで映画館を調べるフリをして、映画配信されているラブホを調べ、かえでちゃんをそちらに連れて行きました。

「いや、ラブホじゃん、ここ」

ラブホの入り口前に着き、かえでちゃんから当然の一言。憮然とした表情をしてます。身体目的って言ってるようなものですしね。嫌悪感を抱かれるのも仕方ありません。しかし、俺は諦めない。

「ラブホだけど、ここなら寝転がって映画とか見れるよ?」
「それはいいかもだけどさー、絶対映画見る気ないじゃん?」
「あるある。映画観る以外絶対何もしないよ」
「ウソっぽ。ほしょーとかあるの?」
「じゃあ、少しでも触れたら5万円払う」

財布から実際に1万円札5枚を取り出して説得しました。その甲斐あってか、なんとかかえでちゃんをホテルに連れ込むことができました。うん、後はヤルことヤルだけですね。

プライベートのキャバ嬢セフレにできるって優越感凄いわww

映画、面白かったです。女の子と見るホラー映画ほど興奮することはありませんね。ホテルに入って2時間半後にはかえでちゃんと別れました。

結局セックスはできませんでしたwww

5万円が惜しかったんだ…ッ!キスどころか、手も触れませんでしたよ。あの時の俺は世界で一番紳士だったに違いありません。半端なく後悔しましたけど。ちなみにですが、かえでちゃんとは今でもちょくちょく連絡を取っていまして、

今では週1くらいで会うセフレになっておりますww

約束を守ったのが好印象だったようで、その後も何回かホテルデートを重ね、何回目の時かに我慢できずに手を出してしまいました。実際、かえでちゃんも焦れったく思っていたようで、代償の5万円は払わずに済みました。

未だにかえでちゃんはダサい格好で会いに来るので、いつかキャバクラで着るようなドレス姿の彼女を見てみたいものです。いつか店に見に行こうと思っているんですけど、なぜか止められています。なんだか恥ずかしいみたいです。

今度コスプレがあるホテルでも選んで、ドレスっぽいの着てもらおうかな。プライベートのキャバ嬢とセックスしてるって優越感をますます感じられそうです。

関連記事