rose rose

出会い系使ってホストをタダで体験してみたw

投稿日2019.11.07

hosutonodeaikei

これまでの自分と一秒先

わたくし、起伏のない人生を歩んでおりました。
小中高大と義務教育から高等教育の人生を終えて就職し働き続ける。

たった一文で終わってしまうほどに私の人生は起伏がなく、職場も普通の商社で、そこを新卒から今まで5年間、特にミスもなく生きてきました。

何もしてこなかった。
だからこそこれからを変えたいんです。

女性なら一度はしてみたい事がある

女性なら一度はしてみたいこと。
死ぬまでにしてみたい10のことを思い浮かべて考えてみる。
スカイダイビング? 怖い。ってか金ない。

女性ならしてみたいことで特殊なこと、特殊なもの。

人は根底に認められたいチヤホヤされたいと思いがある。
そこでだ。やっぱり簡単に認めてもらえて、かつチヤホヤされる。

ホスト
これしかないっしょ。
あの人たちはそれで飯を食ってる訳だしプロだ。こんな耐性のない女を盛り上げるなんざ余裕だろうと思う。

けどここで懸念されえることがそれは、

「金がねぇ」

プロのチヤホヤにも金がかかってくる。
ほんと何なんだろうねこの世の中。

でもね、ホストに金がかかるなんざ小学生でも知ってる事実。
考えてあるんすよ。とっておきの方法を!
男性を利用した。お安いホスト体験をね。

さぁー寄ってらっしゃい見てらっしゃい。
これからお見せするのは世にも珍しい格安ホストだーー
安いよ安いよ!!

ホストがダメなら出会い系を使えばいいじゃん

本物のホストがダメってんなら。疑似的にホストを味わえばいい。
ホストは誰がやってる? 男だろ
つまり男がいりゃホスト体験は出来る訳だ。

勝利の方程式はこう

出会い系アプリでホスト経験のある男性を探すか、パリピな人種を探すか。
そしてその人たちに合コンを開いてもらう、もちろん盛り上がる事が絶対条件でね。
そして大いに盛り上がり、イケメンがいたらお持ち帰りされたい人はどうぞお好きにって感じよ。

出会い系のアプリには掲示板システムがある。
そこにこうつぶやいた

「合コンしませんか? ホストみたいに楽しく盛り上がりたいです。」

これであとは待つのみ。

後日、男性は元ホスト(自称)が4人集めてくるので合コンしようとなりました。
こっちは友達、知人で唯一のパリピ知り合い女にセッティングを頼み女性の数も確保完了。

男性側と何回も打ち合わせをしたので嘘ではないことは確実。
もし嘘の元ホストでも電話で話した感じパリピなのは間違いないので大丈夫。

決戦は金曜日。
理想の合コンよ
私のドリームがカムトゥルーしてくれることを願う。

出会い系も十人十色使い方はそれぞれ

初めての体験を前に緊張した面持ちの私。
ほかのメンツは慣れた感じで中にはもう明日の予定について話している人もいる。

出会い系でホスト紛いなことを体験しよう! 
と思って即行PCMAX(R18)に登録したは良いものの時間がたち決めた日付が近づいてくるたびに後悔と油汗が滲み出てくる。
逃げ出したい。

でも予定日の合コンまで時間は進んで止まらない。もうどうにも止まらない。

そして当日。
場所の紹介は飛ばして、居酒屋。
男女分かれて対面して座る形式を採用したスタンダードな合コン、

という名の疑似ホストの始まり始まり~

カン、カン、カン、カン、カン、カカン!

いやー遠いところから足を運んで頂き誠にありがとうございます。

今回の疑似ホスト体験を舞台風に語らせていただきますは語り部のあっし、名をかるべと申します。
では、語り部かるべの話しをお聞きください。

この話の主人公たる彼女はホストどころか合コンすら未体験の逆かまとと女。
その場のテンション任せに行動する脊髄反射人間なんですが、今日はそれが功を奏するのでがんす。

始まりましたは、疑似ホスト。

男の面を見りゃあー、イケメンさん、イケメンさん一つ飛ばしてブス面さん。
といった具合でイケメンは二人であとは、ブス一人と化け物の子が一人でやんす。

まぁまず間違いなくイケメン争奪戦になることはフィフィが笑えばロバが振り向くと同じくらい当たり前で
「フィフィが笑えばロバが二度見する」
なんてことわざがあってもおかしくないくらいでやんす。

まず初めに自己紹介タイム~どんどんパフパフ~♫

自己紹介もパリピ男子は特殊で、

「みんなの心のダンベル、俺が君の心の筋肉を鍛えるでおなじみの佐々木でーす。ささみさん@筋肉で覚えてくいださーい」

「ホスト界の豊臣秀吉、金子と申す! 権力者の草履を温めることにかけては天下一品!! 」

「市民プールの調停者。プールの監視は僕におまかせ! 新井です」

「森のフェアリーこと森ビルの窓ふき、マイケルです」

さぁー異質すぎる自己紹介の後は飲み食いが始まり。

雑談が始まるのですが主人公の彼女は酒癖は魔法の世界にいるどこかのしもべ妖精より悪い子。

「飲みすぎちゃった」なんて可愛くはなく
「ぶへー飲みすぎた」ってなもんで

けどさすがは自称ホスト集団。そんなことは気にもせず。盛り上げる、盛り上げる。
「〇〇ちゃんのちょっといいとこ見てみたいー」
の音頭のもと酒はすすむすすむ。

事の顛末は見事に予想通りでイケメンは何人かの女性と連絡先を交換しブスとハダカデバネズミ風の男子はそそくさと帰宅。

おおかたの予想通り、彼女も酒気を振りまきながら帰宅に着いたとさ、めでたくはないが彼女はまた一つ人生にいい経験を得られたので良かったんじゃねーかなー

ではでは、あっしの仕事はここまで締めは彼女に任せてここらで退散させていただきやす。
ご清聴ありがとございやんした。

正直な話酒をなんで騒げただけで充分なんだが、やっぱり男にチヤホヤされるのは良いもんで、それがこの場の空気を保つためとはいえ相手にされるってのは良いものだと思う。

こんな利用するやり方はいけないのだろうけど、男性側も性欲を満たすためだけに女性を利用することがある。

ならこんな感じで憂さ晴らしとして
出会い家系のパリピ男子と遊ぶのもたまには悪くない。

投稿者『かきもち』

PCMAX(R18)の登録はこちら♪

文歌からのコメント

……あ、えーっと、ずいぶんと独特な体験と描写の持ち主さんですね(笑)ホストってより危ない集団のように思いましたがご本人が楽しんでいたのならよかったです。男性の人とこういう風に遊ぶのも出会い系の一つの使い方ですね。ただ単に出会うのではなく合コンするために使うのは賢いやり方ですね。皆さんもよかったら試してみてはいかかがでしょうか? 今回みたく面白い体験があるかもしれませんよ(笑)

tihiro

文歌 25歳

趣味: 海外旅行、韓国

男性にご馳走してもらったりなどの皆様から頂いた体験談をご紹介しています。

私の経験から男性に気に入られる方法などもコメントしていますので参考にしてください

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事

記事検索